過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第8章その2






その1←ここをクリック



それにしても、これだけ多くの人がいるなんて思わなかった。


通り過ぎていくたび、たくさんの人の熱気が伝わってくる。

本当にこの世界の住人のように生きている。

他人の吐息、咳払い、中年男性の体臭の鼻を突き通るような臭さ、

全てが気持ち悪く、実行できるわけがない殺意が湧いたことに驚いた。

僕は朝の通勤ラッシュに乗り合わせたことはないけれど、

もうみんなの同じ道を進む自信を失ってしまった。

大人になればこんな毎日が待っていると思うと、

この世界からダイブしてしまいたくなる。

いや、僕は一度屋上のからダイブしたことがあったか。

でも、あの時は死ぬことがたまらなく怖かった。

きっと慣れてしまえば、満員電車に揺られながら、

外の景色を眺めているんだろうな。

なるほどな。

もう一度、深呼吸とともに思う。

なるほどな。

吐き出す息が、ため息の重さになる。

何がどうなるかは僕らが決めることじゃない。


続き←ここをクリック





 

0 件のコメント:

コメントを投稿