過去の記事を検索

TRANSLATE

『落ち込み少女』第12章その14







その13←ここをクリック



相変わらずこちらを見る様子はないが、

ふざけているようには聞こえなかった。



だから正直に言うことにした。


「実は…気になっている奴がいるんだけど...

最近、考え方っていうか彼女の言うことがよくわからないんだ」



「その子は知り合ってどれくらいなの?」


「…三ヶ月くらいかな」

そう答えた時、文田は筆を初めて止めた

キャンパスには日本には無いであろう赤い
レンガ風車が描かれていた。

「は?逆にそんな期間でわかり合えると思ったの?

あんた、実は馬鹿なの?」


描かれた絵とは似つかわしくないほどの嫌味だった。


「何十年と連れ添った夫婦さえ別れるのが人間なの。

たった三ヶ月で他人を理解できると思っているなら、

それは自惚れって言うの」


落ち込んでいたのを察したのか、さっきよりかは言葉が優しかった。


「解決できないこともある。


現実は問題が表面化されないことが多いのよ。


みんな隠して生きている。


自分の悩みとか苦しみは隠して、どうでもいい世間話ばかりするのよ。


だけど、隠したものほど心の中に居座る


保健室では文田はよくわからない存在だった。

でも、今は違う。

僕を理解し、悟してくれた。

場所が違うだけで、接し方は変わるんだ。

それから僕は何も言わずに文田の絵を遠い景色を見るように、じっと眺めていた


次章←ここをクリック


目次←ここをクリック




0 件のコメント:

コメントを投稿